啤酒蒸魚片│魚のビール蒸し

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
台湾の家庭料理『啤酒蒸魚片│魚のビール蒸し』のレシピを紹介します。現地ではソウギョと呼ばれる白身魚をビールと薬味で蒸した料理です。魚の臭みを見事に消しさる中華料理独特の手法です。

ビールは中国語で「啤酒」といいます。青島ビールは「青島啤酒」、台湾ビールは「臺灣啤酒」です。

今回は各種のお酒の中国語での言い方をまとめてみましょう。

ウイスキー:威士忌
ラム:蘭姆
ウォッカ:伏特加
ジン:琴
テキーラ:特奎拉(特基拉などいくつかのバリエーション有り)、龍舌蘭酒
ブランデー:白蘭地
リキュール:力嬌酒
ワイン:葡萄酒
カクテル:雞尾酒


代表的なお酒の中国語はこんな感じです。最後に酒の字はついたりつかなかったりします。ウイスキーやラム、ウォッカ、ジンなどは英語の音に近い音の漢字をあてたものです。ジンを琴と書くのは短い文章を書くときなどは間違えそうですが、実際には楽器の琴を酒場で注文する人はまずいないと思うので間違えることはないでしょう(笑)。

ワインは日本での呼び方と同じく葡萄酒、他テキーラの龍舌蘭酒も原料の名前を使った命名法です。他にも小米酒(アワ酒)、米酒、玉米酒(トウモロコシ酒)など原料名を使ったお酒の呼び方はいろいろあります。

カクテルの鶏尾酒とは英語の Cocktail、つまりコック(ニワトリ)+テール(尻尾)をそのまま漢字に置き換えた呼び方です。総称がこういう名前なので、各種カクテルの名称も意味を中国語に訳したものが多くあります。スクリュードライバーは螺絲起子、ブラッディマリーは血腥瑪麗(ただし台湾と中国でちょっとだけ呼び名が違います)、テキーラサンライズは特基拉日出、カミカゼはそのまま神風などなど。台湾でおいしいカクテルを飲めるお店はまだまだ少ないので、これからの流行に期待です。

日本酒にしろ西洋酒にしろ、好きなお酒の銘柄くらいは中国語で言えるようになっておくと、旅行時に便利です。



擔仔麵│タンツー麺

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:1時間以内
伝統台湾料理『擔仔麵│タンツー麺』のレシピを紹介します。『滷肉飯』などにも使う肉燥と茹でたエビを麺に乗せ、海鮮ダシで食べる台湾伝統の麺料理です。上に乗せる『肉燥』から作ってみます。

『擔仔麵』の擔仔とは台湾語で天秤棒のことです。先日紹介した四川料理『擔擔麵│担々麺』の擔擔と同じく担ぐ道具を意味し、天秤棒で食器や食材を担いで売り歩いたことに由来しています。

古くから台湾の中心であった台南で、漁民が台風で船を出せない時期に日銭を稼ぐために天秤棒を担いで麺を売り歩いたのが発祥です。詳しくは過去の記事を参照してください。

名古屋のご当地料理『台湾ラーメン』はこの『擔仔麵』を大幅にアレンジしたものです。麺料理という以外ほぼ原形はのこっていませんが、それでも根底に流れる哲学は共通しています。どこが共通していて、何が変えられているのか、台湾人が何を好み、どこが日本で受ける要因になったのか、食べ比べて分析してみましょう(笑)。
それではレシピです。


擔擔麵│担々麺

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
台湾でも食べられる四川料理『擔擔麵│担々麺』のレシピを紹介します。茹でた麺にゴマの風味を利かせたソースを絡めて食べる日本でもおなじみの料理です。身近な調味料だけで本格的な味を再現できます。ぜひ挑戦してみましょう。

日本の『担々麺』は多めのスープで食べることが多いですが、本場四川省では本レシピのようにタレの少ないものが一般的です。

もともと『担々麺』は日本の『蕎麦』や台湾の『擔仔麵』のように天秤棒で材料と食器を担ぎ、その場で簡単に調理して提供するファストフードとして生まれました。そのため汁の少ないものが原型で、日本のものはその進化形と考えられます。

発祥は1841年で、四川省自貢の陳包包という男が発明したとされています。四川省では省政府の登録商標になっており、認定を受けたレストラン以外では食べられません。四川省を訪れたらぜひ本物の『担々麺』を食べてみたいものですね。また2013年には中国で「中國十大名麵條」に選ばれています。

ちなみに「中國十大名麵條」は『武漢熱乾麵』、『北京炸醬麵』、『山西刀削麵』、『河南燴麵』、『蘭州拉麵』、『杭州片兒川』、『昆山奥灶麵』、『鎮江鍋蓋麵』、『四川擔擔麵』、『吉林延吉冷麵』の十種。ぜひ全部をいっぺんに食べ比べてみたいものですね。



苦茶油麵線│ソーメンの椿油炒め

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
台湾の家庭料理『苦茶油麵線│ソーメンの椿油炒め』のレシピを紹介します。中国語で苦油と呼ばれる椿油を風味づけに使い、野菜とソーメンを炒めた料理です。うっすらとした独特の苦みとよい香りが漂います。

椿油は中国語で「苦茶油」と呼びます。正確には原料となる植物の種類が異なり、少し風味が異なります。どちらも食用にできるので、手に入るものを使いましょう。

椿油はツバキ科ヤブツバキやサザンカの種子から得られる油です。ヤブツバキの種子から採ったものだけを「ツバキ油」、それ以外のものは「椿油」や「つばき油」と呼び分けます。この辺は日本薬局方との兼合いなので、日常生活では気にして使い分けるほどではありませんが、商品名として記載する時は注意が必要です。

中国では油茶と呼ばれるツバキの仲間や、茶葉を作るチャノキ(お茶のとれるチャノキはツバキ科の植物です)から搾油したものを苦茶油として用います。

食用として日本では天ぷら油や中国では炒め物など用いられるほか、化粧品の原料や日本刀の手入れなどにも利用されます。非常に応用範囲の広い自然油で、椿油と知らずに加工品を用いていることもあることでしょう。

食品売り場に見当たらなければ薬局で(注文すれば)手に入れることができます。

それではレシピです。



乾燒意麵│台南風焼きそば

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
台湾の家庭料理『乾燒意麵│台南風焼きそば』のレシピを紹介します。台湾、特に台南地方で様々な具を加えて食べられる麺料理です。意麺という台湾独自の麺を使って作りますが、日本でなら焼きそば麺で代用できます。

干したシタビラメでとった出汁を使った日本人好みの旨味たっぷりの焼きそばです。台湾風の干しシタビラメを手に入れるのは難しいため、レシピでは煮干しを使っています。

意麺とは台湾で流通している「油で揚げた卵麺」のことです。特に台南地方でよく食べられます。日本だと焼きそば麺が味も食感も近いです。

意麺は伊麺とも書き、これはさらに「伊府麺」という清代に発明された当時の即席麺に由来します。名称は伊秉綬という役人が発明したことから名づけられています。お客さんが来るたびに一から麺を打たなければいけなかった料理人の手間を軽減するために発明したのが始まりとされています。本人が料理好きだったというのもあるのでしょう。

伊秉綬は福建省の出身で、揚州の知府などを務めました。最期も福建省没し、現在は武夷山「水簾洞三賢祠」に祀られています。福建を観光することがあれば意麺を持ってお参りに行ってはいかがでしょうか?

それではレシピです。



 
日本で作れる台湾料理 © 2012 | Designed by Rumah Dijual , in collaboration with Web Hosting , Blogger Templates and WP Themes
FB FACEBOOK TW TWITTER